お悩み解決!電子タバコINFOMAITION

オシャレに使える小紋

小紋は着物の柄で、同じような模様が着物全体にあしらわれているものです。正装というわけではありませんがその分、カジュアルに着こなせるので最近では若者の間でも人気があり、ファッションの一部として取り入れられることも増えてきているようです。また一口に小紋といっても、その中には様々な種類があります。ほぼ無地に見えるようなものや、京都、加賀のものであったりと、着る人のスタイルや用途に合わせて使い分けてみるのも面白いかもしれませんね。最近では、普段から着物を着ているという女性の方はめっきり減ってしまって少しさみしいようにも感じます。やはり日本の伝統的な服である着物は後世にも残していきたいものですから、もっと着る人が増えるといいのになと個人的には思います。気軽に着やすい小紋を通じて、着物に目を向ける若者が増えてくれればいいなと思っています。


いつもとは違う姿をアピールしたいときに小紋はいい

ボリュームのあるきものは困ったものです。なんといっても普段には着ることができませんよね。シンプルに利用するなら小紋がいいことも捉えておきましょう。わたしはどこでも使えるきものが、きもの選びにはいいと思うのです。いろいろな場面にも着て行くことができて結果的にプラスになると思うのです。そのために、カジュアルな小紋などが求められるでしょう。手軽にコーディネートできるなら、きれいなきものを選ぶのは有意義なことだと言えるでしょう。夏の花火大会のデートとか、おしゃれな喫茶店での女子会にも着こなせるならいいと思いませんか。仕事での自分とは違う姿をアピールしたいときに、きものはとても素敵なアイテムになります。奮発するならなるべく安く小紋を購入したいですよね。ネットならばきものもいろいろと揃っていますので、値段も簡単に見ることができますよ。


3種類の江戸小紋について

小紋には江戸小紋というものがあります。それは、柄が非常に細かく、遠目からは無地に見える事もあります。種類も3種類に分類され、「鮫」「角通し」「行儀」と分かれます。「鮫」はその名の通り、想像しやすいですが、鮫肌のように見えるために、このように呼ばれます。極めて細かい柄になると「極鮫」と呼ばれる事になります。「角通し」の名前はイメージしやすいです。正方形が細かく規則正しく並んでいる柄の事を言います。「行儀」もイメージしやすいです。小さい霰を斜めに並べた柄の事を指します。これらのように、柄の特徴を抑えたネーミングがされています。どの柄も良いのですが、全てに共通して良いところはシンプルさにあります。無地に見間違われるほどの柄ですが、無地よりもおしゃれです。また、無地に近いという事から帯も合わせやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*