お悩み解決!電子タバコINFOMAITION

最新電子タバコ情報多数です!!

幅広く利用できる小紋の着物

着物には色々な種類があります。その内の1つが小紋なのですが、非常に人気があるんですよ。あまり興味が無いという方でも、聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。その人気の理由ですが、幅広いシーンで利用できるという点が大きいです。まず、その柄などの種類によって利用できるシーンというのは決まってきます。大切な場所ならばやはり選ぶべき種類があるのです。小紋の場合は、普段着のような軽い使い方も出来ますし、フォーマルな場所でも対応することができます。それだけ使い勝手の良い種類ということなのです。洋服もそうですが、和服の値段というのは種類によって跳ね上がります。一着にかかる費用というのが非常に大きいので、購入する種類はピンポイントで抑えておく必要があるのです。小紋なら和服ビギナーの方にも十分おすすめできますね。


日本らしい小紋の着物でコーディネートしたい

きもの選びでは日本らしい小紋の着物など、着やすいものの方がいいでしょう。いかにいろんな席にも利用できて満足できるかが鍵です。訪問着など本格的な着物は問題ですよね。やはり着物選びを考えれば、重たいものはいつも活用することが困難になってしまいますので、避けたほうがいいでしょう。そんなときは袋帯がいらない軽いものがいいことを頭に入れておきましょう。普通に着ていけるなら、着物選びの際には小紋を検討するのもいいでしょう。きれいな柄のものがおすすめです。あるときは素朴な美しさを演出し、あるときには華麗にコーディネートした姿を演出できるなら、うまくいけると思います。そういういろんなシーンに合わせた着こなしが出来れば、着物を持っていてよかったなと思えるでしょう。そのためにはどのように着こなすか考えてみるのもいいでしょう。


着物全体に同じ模様が繰り返し入った小紋は粋です。

着物全体に、模様の大きさや密度に関わらず同じ模様が繰り返し描かれている着物を小紋といいます。訪問着や付け下げのように肩が上に来るような模様の描き方ではなく、上下の方向に関係なく模様が入っているため礼装や正装としては着用できません。ほとんどの小紋が型染めという柄付けの技法で作られています。また、柄の細かいシンプルなものや小さい柄の飛び柄などは、無地場が多いため帯合わせもしやすく重宝します。名古屋帯が合わせやすく、基本的には袋帯は使いません。金糸や銀糸などを使った名古屋帯は格上になります。更に着物全体に柄が重なっている総柄はボリュームがあり豪華な雰囲気になります。小紋は、カジュアルタイプから華やかなドレスアップまで幅広く活用できる着物です。お稽古事や街着にもちょうど良く、お茶席、お子様のお見合いの席、七五三や入学式などにも着用できます。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)